貸し事務所で運用する。

不動産運用を行おうとするとき、たいていワンルームマンション投資を考える。これは、不動産会社が一生懸命に節税や相続対策と絡めてアピールしているせいもあるが、投資金額も不動産投資の中では少額であり、たいてい、不動産会社が日々の管理をしてくれるので、サラリーマンでも気楽に始められるということが背景にあるのだろうと思う。しかしながら、何もワンルームマンションを居住用としてでなく、貸し事務所として運用しても良い。

ワンルームマンションを貸事務所として運営する上で気をつけなければならないことは、今では居住用マンションでは当たり前についている風呂は、事務所では要らないということである。また、事務所であるのであるから、業種によっては高層階よりも1階の目の付きやすいところにあった方がよいという事もある。つまり、居住用では敬遠されるような物件でも、貸し事務所としてアピールすればニーズを掴むことができるのかもしれないのだ。

注意しなければならないのは、貸し事務所用としてのワンルームマンションを居住用とするのはなかなか難しいということである。前述したように風呂など、なかった設備をつけなければならない可能性があるからだ。当初から貸し事務所として運用するための不動産を購入するのであれば、事業者の賃借人を見つけられる採算を持った上で行うべきではないかと思う。でなければ、とりあえず居住用のワンルームマンションを購入し、どちらでも対応できるようにしておくべきだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 貸し事務所で運用する。
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]